東京野歩路会では、登山やスキーのほか、山岳写真の撮影やスケッチ・水彩講座、自然観察会などの行事を全て「例会」と呼んでいます。
例会参加の手引き・申し込み葉書の要領はこちらです。

例会に参加しましょう! 

  • 服装と持ち物(野歩路会標準装備)
  • 「程度」の目安(グレード基準)
  • 申し込み葉書の書き方

☆標準装備 ☆(日帰りや山小屋を利用した1~2泊程度の無雪期の例会)


服装

 
雨具 上下セパレート型
防寒着 季節や山の高低に応じて
帽子 頭の保護、日よけ
手袋 手の保護、防寒
上着 長袖、ウールや化学繊維
ズボン 中厚手、動きやすいもの
用具・携行品  
登山靴 トレッキングシューズや軽登山靴など足に慣れたもの
ザック 30L前後、体力に応じて
ザックカバー  
水筒 1~2L
懐中電灯 予備電池、電球の点検
地図 1/25,000の地形図が基本
磁石 シルバ型が使いやすい
ナイフ 小型、軽量のもの
マッチ 防水に注意
補助ロープ 6mmロープを10m
食料 昼食、行動食
非常食 最低1食分用意
救急常備薬  
三角巾 特大のもの
健康保険証  
その他 洗面具・筆記用具・ゴミ袋等


グレード基準

Ⅰ 登山

  ・歩行時間には休憩等は含みません。
  ・複数日の場合、最長時間の日を基準にします。

 ●体力度(一般山行)

初心者・家族向 歩行4時間位まで
一般向  歩行6時間位まで
やや健脚向 歩行8時間位まで
健脚向 歩行8時間以上

 ●難易度(積雪期を含む)
  ・星数は視覚的目安です。
  ・星数の中間は☆で補います。
    例 ★★☆は★★と★★★の間。

入門コース 指導標が整備されているコース。公園化した散歩道は☆
★★ 初級コース 部分的に指導標があるが、地図による確認が必要なコース。小さな岩場があっても鎖、梯子等が設置されている。
★★★ 中級コース 登山道が不明瞭か、痩尾根、岩稜地帯の通過がポイントになるコース
★★★★ 上級コース 迷いやすい地形か、極度の緊張を強いられる痩尾根、岩稜地帯を通過するコース。

Ⅱ 冬山・岩・沢・バリエーション・山スキー

   初心者 初級 中級 上級

Ⅲ スキー

  ●等級はSAJの基準に準ず。

初心者 級なし
初 級 4~5級程度
中 級 3級程度
上 級 1~2級程度

*申し込み葉書の書き方* メールでの申し込みの場合でも

         東京野歩路会 山行申込書(記入例)
山行名    富士山
期日   2016年10月7日~10日
フリガナ      トシマタロウ
氏名   豊島 太郎      性別 男・女
生年月日 1964年(S39年) 1月1日 50才
住所    〒171-0043 
               豊島区要町 1-40-15 TSハイム102号
電話       03-5966-5733
会員番号 No. 123       血液型 A型
山歴      **さんの山行に初めて申し込みます。
         2015年12月から奥多摩、丹沢等
         2016年4月要山/5月豊島山/6月愛宕山
緊急時の連絡先  家族(続柄)又は勤務先等の連絡方法
             例1:豊島富士子(母)/電話 上記に同じ
    又は 例2:    ○×商事 総務課 03-1234-5678 
その他    山岳共済保険に加入しています。